• 商品情報
  • キャンペーン情報
  • ギンビスミュージアム
  • ギンビスの取り組み
  • お客さま相談室

モンドセレクションはギンビスから始まった?

2014.03.12


こんにちは!
みなさんは、モンドセレクションをご存知ですか? 1961年にベルギーで 始まったモンドセレクションは、食品などの消費生活製品の品質を評価する 制度。品質に応じて最高金賞・金・銀・銅といった優秀品質賞を与えており、 日本でもさまざまな食品が受賞しています。
このモンドセレクション。実は、これだけ日本で有名になったのはギンビスがきっかけかもしれないのです。
時は1975年。おいしいビスケットづくりに自信を深めていたギンビスは、 当時まだまだ日本国内では無名だったベルギーのモンドセレクションに審査を受けられるかどうかを打診します。ビスケットはもともとヨーロッパのお菓子です。日本でつくったビスケットが、はたして本場のヨーロッパでも通用するのだろうか・・・。そんな不安もありつつ、一番の自信作の「アスパラガス」を出品しました。「アスパラガス」。審査の結果、めでたく金賞を受賞。ギンビスが長年追求してきたおいしい焼き菓子が世界に認められたということで、社内は大いに沸きました。当時、国内で大ヒットしていた「アスパラガス」の受賞がきっかけとなって、モンドセレクションは広く国内の食品メーカーに知られるようになったのだとか。
今でこそ、国内で普通に見かけるモンドセレクションが広まるきっかけを作ったのが、ギンビスのアスパラガスにあったかもしれないなんて、ちょっと面白いですね。