株式会社ギンビス

開発に5年もかかりました…。1930年から日本でビスケットをつくり続けてきたギンビスが、コーヒーにピッタリなお菓子【ギンザワッフル】を発売します!

美味しいお菓子をつくるのは当たり前。
美味しいだけでなく、驚きとともに新しい体験を提供できるお菓子は何か…

1930年よりビスケットを製造・販売し続けてきたギンビスが、200年以上続くといわれるオランダの伝統菓子【ストロープワッフル】に着目したのは、美味しさのその先に思いを巡らせる最中でした。

ワッフルというと、格子模様の厚焼きのお菓子をイメージする方が多いかもしれません。
日本ではこのベルギーワッフルが一般的です。

ストロープワッフル(オランダワッフル)は、薄いワッフル生地の間にキャラメルや蜜をサンドしたお菓子です。
オランダ現地では、熱々のコーヒーなどを注いだカップにフタをするように乗せ、温めて柔らかくなった生地と溶け出すキャラメルが楽しまれているそうです。

ギンビスはこのストロープワッフルに着目し、コーヒーにもピッタリなお菓子を開発しました。
それがGINZA WAFFLE【ギンザワッフル】です。

ギンザワッフルの魅力についてご紹介します。

1.香ばしい薄焼きワッフルにキャラメル蜜をサンドして

シナモンがアクセントのさっくり香ばしい薄焼きワッフルに、バター感のあるコク深いキャラメル蜜をサンド。
1枚を最後まで美味しく食べてほしい。そんな思いから、甘さ控えめなキャラメル蜜を挟んでいます。
美味しいキャラメル蜜は、甘いのが当たり前。
ギンビスの研究開発部メンバーはそんな常識を覆すべく、来る日も来る日も試作を繰り返し、ついに「コクがあるのに甘さが控えめなキャラメル蜜」の開発に成功したのです。
キャラメル蜜一つとってもギンビスのこだわりと技術力がたっぷり詰まっています。

2.卵不使用

お菓子づくりには欠かせない【卵】。
卵はお菓子を美味しくするだけでなく、他にも色々な役割があります。
一方で、卵アレルギーによって卵が入った食品を食べることを避けている方が、世の中にはたくさんいることも事実です。
ギンビスは「ひとりでも多くの方にお菓子を食べてほしい」、「みんなで同じお菓子を食べて幸せな時間を過ごしてほしい」という強い願いから、アレルゲンである【卵】を一切使わないお菓子の開発にこだわり続けてきました。
ギンビスのロングセラー商品である“アスパラガスビスケット”にも、“たべっ子どうぶつ”にも【卵】は一切使われていません。
同じくギンビスがこだわって開発したギンザワッフルにも、【卵】は全く使われていないんです。

3.国産の小麦粉を使用

ギンビスがつくる国産のストロープワッフルだからこそ、原料も国産にこだわりました。
ビスケットの主原料である小麦粉は国産を選びました。
国産の小麦粉100%で作り上げるワッフル生地をお楽しみください。

4.【オン・ザ・カップ】の美味しい食べ方

温かいコーヒーや紅茶を注いだカップにフタをするように乗せて、1~2分お待ちください。
トローリ溶け出すキャラメル蜜としっとり柔らかい食感の生地がお楽しみいただけます。

 

コーヒーにぴったりなお菓子としてギンビスが開発したギンザワッフル。
実は、ギンザワッフルの開発と一緒に、ギンザワッフルにピッタリなコーヒーブレンドも開発していたのです。

プロのロースター(焙煎士)とギンビスのギンザワッフル開発メンバーがつくるオリジナルのブレンドコーヒーとは?!
次回、ギンザワッフル専用オリジナルブレンドコーヒーの開発の様子についてお話します。

>> 03:最高品質のスペシャルティコーヒーを提供する【THE COFFEESHOP】
>> GINZA WAFFLE【ギンザワッフル】

Copyright(c) GINBIS CO., LTD. All Rights Reserved.