SHARE インスタグラムアイコン ツイッターアイコン

GINZA WAFFLE

溶けるまでのちょっとの我慢。淹れたてのコーヒーの湯気の上にギンザワッフルでフタをしてみる。1~2分たったら、しっとりと温まったワッフルを食す。しっとりしたワッフルに挟まれた、じんわり溶けたキャラメルソース。コーヒーと一緒に、いただきます。

GINZA WAFFLE about

香ばしい薄焼きワッフルそこにコク深いキャラメル蜜をサンドして。 シナモンがアクセントのさっくり香ばしい薄焼きワッフルに、バター感のあるコク深いキャラメル蜜をサンド。甘さ控えめだから、ついつい食べすぎちゃう美味しさです。
温かいカップに乗せて1~2分でしっとりトロ~リ食感。 温かい飲み物にフタをするように乗せて、1~2分待つと、生地はしっとり、キャラメル蜜はトロ~リ食感に変わります。ほっと一息つくおやつタイムやオフィスでの休憩時間にぴったりです。 with COFFEE
卵不使用。国産の小麦粉使用 「1人でも多くの方に安心してお召し上がりいただきたい」、「みんなで同じお菓子を食べて幸せな時間を共有してほしい」という強い願いから、アレルゲンである【卵】を使わなくても美味しい製品の開発にこだわりました。また生地には100%国産の小麦粉を使用しています。
バター感のあるコク深いキャラメル蜜 味わいにアクセントを加えるシナモンの香り

GINZA WAFFLE & COFFEE

スペシャルティコーヒーの祭典 SCAJ2018ローストマスターズチームチャレンジ優勝チームメンバーロースター(焙煎士)萩原大智さんがローストした豆を使ったコーヒーとともに、お召し上がりください。
萩原大智さん画像
焙煎とは簡単に言うと豆を焼く作業ですが、コーヒーの持つ個性を最大限引き出していく工程になるため、高い技術と経験値が求められるとても重要な作業です。また、コーヒー豆のどの個性やポテンシャルを引き出すかを焙煎する人間が選んで進めるため、お店や焙煎士の理念の
ようなものが反映されやすい工程でもあります。収穫から生産処理、輸送など全ての工程において高い品質が保たれてきたスペシャルティコーヒーのコーヒー豆をお客様に届ける前の最終段階で手を加えて最高の品質でご提供するとても重要な役割です。 -THE COFFEESHOP ロースター 萩原大智- アジア最大級のスペシャルティコーヒーの祭典【SCAJ2018】の中で行われた、焙煎の技術を競う大会【ローストマスターズチームチャレンジ2018】の優勝チームメンバーの1人
GINZA WAFLE
ギンザワッフルは、バターの芳醇な香りと、ほのかなシナモンの香り、そして、しつこくないキャラメルの絶妙な甘さがあり、とても繊細なバランスで設計された商品だと思います。同じく繊細な味覚のバランスが大切なスペシャルティコーヒーときっとマッチすると感じました。